上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

週末の街は、恋人達で溢れていた。

その中を僕は一人歩いていた。

皆幸せそうな顔をして
幸せそうに微笑んで
カフェでひとときを寛いでいる。

周りを見渡せば、
皆、恋人同士で手を繋ぎ
ウインドウショッピングをしている。

とても幸せそうで
楽しそうで、
自分だけが孤独の世界に閉じ込められた。
そんなつまらない感情を憶えた。

自分の好きな人と
恋人と
手を繋いで
街を歩く。

僕の夢だ。

本当は些細な夢かもしれない。
でも、僕にとっては大きな夢。

周りなんか気にせずに
好きな人だけを
真っ直ぐに見つめていたい。

手を繋ぎたい。
体温を常に感じていたい。
やさしさを常に感じていたい。
存在を常に感じていたい。
幸せを常に感じていたい。

ただただ
手を繋ぎたい。

こんなカズです。
スポンサーサイト
10.28 (Sat) 00:00 [ 愚考 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント
漫喫からこんにちは(笑)
手を繋ぎたい。

私も、私の恋人も、手を繋ぐというのが何故か特別なことのように考えています。恋人同士で手を繋ぐという行為が。妙に気恥ずかしく、妙に恋人チック。
人前でちゅーのほうが楽なのよねーと酔っ払い桜井は申しております(笑)
あ、今酔っ払っているわけではありません。念のため。

週末の街は、けれどよく目を凝らしてみると、意外と恋人同士が少なかったりもするのです。と、ひとり街を歩きながら思いました。

ところで、今日のつぶやきですが。
両側から太陽を浴びたら焼けてしまうのではないかと思ってしまいました。頭上には大きな雲か、大きな木があって適度に光を遮断してくれるのでしょうか?

くだらないコメントで失礼しました。

---------- 桜井 [ 編集] URL . 10/29, 13:51 -----
桜井樣。
桜井樣。はじめまして(笑)
コメントありがとうございます。

そうなんです。
僕は確かに人前でちゅーをするだけの勇気も無い
弱虫ではありますが、
それ以上に手を繋ぐことも
何か特別なことのようにも感じているのです。

手って何処となくセクシーではないですか。
僕自身の場合
手を見ると
何だか、その人の心を見たような
そんな感情すらおぼえる時もあるのです。

週末の街は
確かに恋人同士が全てではないでしょう。
一人で街を歩く、
そんな人もまた沢山いるものです。

それは頭では分かっていても
僕の目に見えてきたものは
恋人同士の幸せそうなそんな笑顔だったのです。
ちょっと嫉妬してるんですかね。
うーん。どうでしょうか。
一つ言えることは
僕もそんな幸せな笑顔で街を歩きたいということでしょうか。

今回のつぶやきは、
「愛し愛されるということは、両側から太陽を浴びるようなものだ。byヴィスコット」
だったのですが・・・。

どうでしょう。
感じ方は人それぞれで
言ってしまえば千差万別なのでしょう。

太陽とは幸せのこと。
自分の両方から
気持ちよい太陽の光が差すように
そんな幸せな感情なり
様子なりを表したかったのではないのか。
そんな風に僕は感じています。

確かに強い太陽の光線は
人を焼け焦がしてしまうこともあるのかもしれません。
愛し愛されることは
実は強すぎてもいけない。
適度な光が、
人を幸せにするのかもしれませんね。

---------- カズ [ 編集] URL . 10/30, 00:45 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/96-0bfe0a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。