上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

あの頃の僕は幸せだったのだろうか。

少しずついろんなことが見え始めた。
そんな日々を過ごしてきた。

汚いことも
理不尽なことも
また感動できることも・・・。

少しずつ人生という階段を上るたび、
いろんなことが見え始めた。

そして少しずつやせ我慢をすることも憶えた。
人前で自分を殺すことも憶えた。
別におかしくも、楽しくも無いことにも
笑えるようになった。

自分があの頃の自分と比べて
少しずつだが
はっきりと変わってきていることが分かる。

人生に彷徨う。
何気ない出来事にさえ
びびってしまう自分もいる。
何気ない出来事だからこそ
びびってしまう自分がいる。

子供の頃は
早く大きくなりたかった。
早く大人になりたかった。

しかし
現実に大人と呼ばれる
年になって思ったことは
なんだろうか。

もう一度
人生をやり直したい。
そんな感情ではない。
まあ、人生悪いことももちろんたくさんあったけど
それ以上にいいこともたくさんあった。

もう一人の自分が
もう一つの人生を歩んでいるとしたら
どんな人生だったか
聞いてみたい。

幸福だったっと
もう一人の自分は言うだろうか・・・。

こんなカズです。

スポンサーサイト
10.26 (Thu) 00:00 [ 閑談 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集] . 10/27, 08:41 -----
匿名樣。
匿名樣。コメントありがとうございます。

幸せって本当に何なのでしょうね。
皆それが分からずに生きているのでしょう。
そしていつか見つかる。
見つけてやる。
そんな気持ちで人生を歩んでいるのかもしれません。

だから、僕だけが特別じゃなく、
勿論、匿名さんだけが特別でもないのだと
そう思います。

幸せと不幸せは
誰かが決めるものでもない。
そうも思っています。

自分と向き合う時間は
正直疲れますよね。
疲れることが分かっていても
向き合うというか、
考えてしまう。
どうして人間は、人は
こうも不器用なのでしょうか。

変わることに焦り
変わらないことに焦る。
幸せすぎて不安になり
不幸でまた悩む。

人間って、人って、
不思議ですね。

---------- カズ [ 編集] URL . 10/27, 23:51 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/94-08324bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。