上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

昨日、某牛丼屋の前を通ると
入り口に長蛇の列が・・・。
そういえば、アメリカ産牛肉輸入再開によって、
牛丼が販売されるというニュースがあったのを思い出した。

そもそも狂牛病(牛海綿状脳症、BSE)とは、
牛や羊などに発生する脳の病気で、
動物の体内にある「プリオン」と呼ばれるタンパク質が突然変異し、
異常プリオンが脳や脊髄で増えると発病すると考えられている病気である。
イギリスでは狂牛病で100人以上の死者が出たという報告もある。

日本の求める全頭検査をしない
アメリカ産の牛肉が輸入され、
こうして某牛丼チェーンや店頭に並び始めた。

アメリカ産牛肉に関しては、
背骨混入牛肉の混入が発見され、
一度輸入禁止の事態になった。
アメリカ側のずさんな食品衛生管理体制が
露呈された格好になった。

実は、アメリカの食肉検査官は、
約2.5秒に1頭の割合で運ばれてくる
牛肉を目視しているという。
さらには、万が一問題を発見しても、
ベルトコンベア-を止める権限もないという。
このような状況下で、
今アメリカ産牛肉は輸入されているということになる。

この度の輸入再開は、
正直に言って、
安全性が確保されたからではなく、
政治的な決着であり、
米国内における狂牛病の危険性は
何も変わらないままであるといってよいと思う。

アメリカ産牛肉の輸入停止の際、
マスコミは国民が
大好きな牛丼にしばしの別れを告げるため
牛丼屋に殺到したというような話題を連日報道した。
また、今回は、輸入再開を待ちわびた人の長蛇の列を
また面白おかしく報道しているようにも思う。

正直、国内産牛肉は安全で、
アメリカ産牛肉だけが危険であるという
確たる証拠はない。
日本では全頭検査が行われているというが、
全頭検査を行う前には猶予期間が存在し、
農家で病死した牛等は
焼却処分にされているという事実もあるようだ。
よって、実際の国内での狂牛病発生の牛の数というものも
公表分だけを信用することはできない。

危険だからといって、
今後もずっと牛肉を食べない
というわけにはいかないだろう。
また、鳥インフルエンザや
鯉ヘルペスの問題。
ダイオキシン野菜等々
食品は実際何を食べても、
現代において絶対に安心だといえる食品は
なかなか無い。

国がきちんと責任をもって
食に関しては安心・安全を確保することが
理想である。
しかし、今国内で行っている
全頭検査が必ず有効であるという保証も無い。

実際に国が提供できるのは、
少しの安心感だけであるといっても
過言ではないだろう。

言いたくはないが、
終局的には、自己責任になってくると思う。
ようは、どれだけ、消費者、国民に
情報を提供し、
あとは各個々人が判断をするか。
が重要になってくると思う。

こういいながら、僕も
アメリカ産牛肉を口にするんだろう。
自己責任で・・・。

こんなカズです。



スポンサーサイト
09.19 (Tue) 00:00 [ 政策 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント
アルツハイマーの原因とも言われてますよね
私はアメリカ産の牛肉は食べない方向でw
だから、飲食店とかきちんと表示してあるところでしか
食べなくなりました。
アメリカ産の牛肉だけが危険だと言う訳ではないとは解ってるんですが
以前TVの特集番組でアメリカの工場の映像が流れてて
それを観てショックでショックで・・・。
だって、青く膿んだ所まで切り落とさずに精肉化してるんですよ。
そんなん見たらね~、食べたくなくなります。
狂牛病を別にしても。
兎に角、ズサン。口にするものなんだからもうちょっと気を使って欲しい。

ホント、この件は自己責任になっちゃうし、気をつけてても限界があるけど、
情報開示はきちんとしてもらえると嬉しいですね^^
---------- ゆずる [ 編集] URL . 09/20, 21:15 -----
ゆずる樣。
ゆずる樣。コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
僕もどこかでアメリカ産牛肉は怖いな
なんて思っているんです。実は。
でも、きっと食べてしまうと思います・・・w

けれど、どこかで、
アメリカ産牛肉を輸入することで
国内産は差別化がはかれるという利点もあるようですね。
狂牛病発生以来、
国産牛の卸値は上がり続けているようですし・・・。
価格で選ぶか、品質で選ぶかの
選択肢が増えることは
僕自身間違ってはいないと思います。

しかしその反面、加工食品などには、
いつアメリカ産の牛肉が使われてしまうか
正直わからないとも思います。

表示まできちんと気にかけて
消費者が様々な商品を購入するという
ある意味癖をつけていく政策も
国として必要なのかな
とも思っています。

いかにしても、
情報公開を行うこと
このことが輸入を再開した
国の、業者の
責任だと思っています。
---------- カズ [ 編集] URL . 09/20, 21:58 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/66-acc7d3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。