上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

過去記事のように、
昨日、結婚式に参列した。

僕自身、結婚というものを
真剣に考えなくてはならない時期に
きているのだろうか。

まわりを気にしても仕方がない。
そんなことは分かっている。

でも、まわりは次々と
これからも結婚していくし、
両親も歳をとっていく。
僕自身も歳をとる。

本当は、そんなことを理由に
あげている僕だが、
結局行き着くところは、
一人でいたくない。
ということ。

これから先、
もし同性同士での
結婚が許されたとしても
僕にその気はない。
一人でもいいんだ。
そんな感情もある。

でも、誰かには
傍にいて欲しい。

そしてその感情と同じくらい
まわりの目を気にする
自分がいる。

僕自身、
女性と付き合うことも可能だと思う。
現に過去、
何人かの女性とも付き合った。
セックスもした。

でも・・・。
どこかで違う。
どこかで無理をしている
自分というものを
僕は見逃さなかった。
見逃してくれなかった。

不安と焦り
その心が僕を追いかけてくる。
逃げ場のない迷路。
誰が、
いつ、
僕を幸せな出口に
連れて行ってくれるのだろうか。
そんなことを考えてみる。

こんなカズです。

スポンサーサイト
09.17 (Sun) 00:00 [ 閑談 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/63-ee2780dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。