上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

知人の結婚式に参列した。

新郎とは大学時代の同級生。
いつも酒を飲んだり、
馬鹿をやったり、
一緒に学生生活を過ごした仲間だった。

また、新婦のほうは、
新郎がバイト先で出会った女性で、
僕も何度となく会ったことがあり、

二人の姿を身近に見てきた自分にとって
二人の結婚は本当に嬉しかった。

午前中から挙式。その後披露宴という形で行われ、
夕方から、二次会も予定されていたようだったが、
僕は二次会は欠席した。

本当に幸せそうな二人を見て、
僕まで幸せな気分になり、
まわりを明るい気分にさせてくれる。

幸せの循環というものが存在するのならば、
この次は、この僕に来てくれるのだろうか。。。

まわりがだんだん急いでいるのか、
いや、急いでいるわけではないね。

結婚という道を選んでいる。
みんな幸せそうな顔をして、
周りからも祝福されて
幸福という未来を二人で探す旅に出発する。

さて、自分はどうなんでしょうか。
毎回、結婚式に参加する度に、
焦りと諦めと、惨めと、悲しみが交錯する。

こんなカズです。

スポンサーサイト
09.16 (Sat) 00:00 [ 閑談 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/62-c7fa50f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。