上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

はっきり分からないと言ってくれた。

人の批判を苦言として己の中に受け入れたとき、人間は成長できる。
こう僕は一番最初綴った。
今でもこの感情に変わりはない。

確かに僕は、
逃げていたのかもしれない。
いや、逃げていた。
逃げきれないのも
僕自身ちゃんと分かっている。

人を理解する。
あなたの言っていることは理解できます。

口ではいろいろ言えます。
しかし、本当はなかなか理解するというのは
難しいことも僕も知っています。

しかし、人間は時として
理解できます。
あなたの気持ち分かります。
と言ってしまいがちです。

言われた方は、
理解できると言ってくれたほうが
それは嬉しいと思います。
僕自身も嬉しいものです。

しかし、
はっきりと理解できない。
ということは、逆に難しいことだと
思います。
僕自身、はっきりと分かってもいないのに
分かったという顔をすることがあります。
これは、相手を傷つけまいという感情
というものとして自分の中にあらわれますが、
一種の逃げだといえないこともないと思います。

だから、はっきりと理解できないと
自分を表現できる人は
自分自身の感情から逃げていない人
だとも思えます。

現実問題として
配慮というものも必要です。
噂話や問題になる話はしない。
ということは大前提ですが。

しかし、ことブログの世界。
特に自分自身のブログの世界であれば、
僕は、自分に嘘をつかずに綴りたいと
綴っています。
であるならば、読んだ方からも
その気持ちを
直球でかえしてもらえるということは、
実は自分が一番望んでいることなのかもしれません。

だから、寂しい感情は確かにあります。
でも、受け入れなければ
自分自身に成長がないのではないかと
そういう感情が今出てきています。

これは負け惜しみですか。
そうかもしれませんが、
奇麗事も、言い続けることに
意味があるような気がしています。

こんなカズです。



スポンサーサイト
09.15 (Fri) 00:00 [ 愚考 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/61-1d57ee88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。