上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

初回でも綴っていますが、
僕の性的思考、性的趣向は
男性の人。
所謂ゲイ。
同性愛者です。




僕はこの自身のブログと
ネット上で知り合った数人の方以外
この秘密を持ったまま
現実社会で生活しています。

きっと僕がカミングアウトしない限り、
僕が日々生活している中で出会う人々は、
僕を同性愛者だとは思わないでしょう。

世間では、実際に自分は同性愛者であると
カミングアウトして生きている方が大勢います。
でも、今のところというか将来もそうでしょうが、
僕はこの秘密を持ったまま
人生を歩んで行くのだと思っています。

今後、同性愛について社会的な理解が
少なからず深まるとは思っています。
しかし正直すべての人が理解できるとも思いませんし、
(もちろんすべての人が理解する必要はないと思います)
でもカミングアウトすれば、
現実問題として、
苦しむことになる。
という思いは頭から離れません。
一生隠し通すという考えも
一つの選択肢かと思っています。

きっと批判もあるでしょうが、
僕なりの考えを何回かに分けて、
ここで綴っていければと思います。

様々な統計というものが出ていますが、
少なからず5%近くの人は同性愛者だと言われています。
また、10人に1人は同性愛者だというものまであります。

ということは、1クラス40人の学級があったならば、
そのクラスに2~4人ほどの
同性愛者がいるということになります。

しかし、その個人は残りの3人の存在を知らぬまま
日々を生活することになるわけです。
一人で悩み続けるわけです。
これはどうにかできないものか。
僕と同じ悩みは他の人には味わって欲しくない。
っと傲慢ながら思ってしまいます。

僕も過去、嫌という程悩んできました。
きっと同じ様な悩みを抱えてきた人も
少なくはないと思います。

でも、僕の場合、少し恵まれているのかな
と思うことは、
こうして自分の想いをブログを通してでも
吐き出せることが出来ているということです。
だからこの気持ちにさせてくれた先輩には
足を向けて寝れないわけです(笑)


実際、他人の目が怖く、
僕はこの秘密を持って生きてきました。
今も生きています。

過去、カモフラージュするために
女性とも付き合いました。
その女性には悪いことをしたと思っています。

また、学生時代はどうしても恋愛の話になります。
「カズは誰が好きなの?」
という台詞は何回も聞かされました。
「今のところ特定の好きな人はいないなぁ。」
なんて僕は、のらりくらりと答えてました。

始めはそれでも済むのですが、
なかなかこの回答で済ませていただける
寛大な方というのはいらっしゃらないのか、
「俺も言ったんだぞ。カズもちゃんと言えよ。友達だぞ。」
なんて迫られるのが最後のオチになるものです。
別に僕は教えて欲しいとは言ってないと思うのですが(笑)

ですから僕は、
「じゃあ誰にも言うなよ。秘密だぞ。」
「隣のクラスの○○だよ。」
と嘘を言うわけです。

「えっ、まじかよ。なかなかカズも面食いだねぇ。」
なんて言われていました。
でも、
「カズ。心して聞けよ。」
と友人は言います。
「何だよ。」
と僕。

「○○には彼氏がいるんだぞ。」
「カズ知らなかった?うちのクラスの○○が相手だけどな。」
とご丁寧に教えていただきます。

「えっ?まじで?知らなかったよ。
でも俺は片思いでもしばらくは想いつづけるよ。」
なんて答えていました。

ここでの嘘は2つ程。
一つは○○ちゃんが好きだということ。
もう一つは、
○○ちゃんに彼氏がいたということを
知らなかったということ。

そりゃあ、あれだけイチャイチャされていれば、
子供だって気づきますよ。
でも、僕の狙いは別。
彼氏がいる子を出せば、後々告白しろ等の
面倒をさけられると思ったからです。

また内緒話というのはいずれ何処からか、ばれるものです。
「ついつい言っちゃったよ。カズごめんな。」
ということも僕の無い頭でも、
容易に想像できます。
でもこれがいいのです。
これにより僕は女性が好きな
普通の男子という証拠になっていくのですから。

僕のナイスな読みは見事命中。
このようにして、
僕は誤魔化し誤魔化し
生きてきました。

また、現在もそうですが、
ご親切な大学時代の友人が、
裏モノもDVDを付け届けしてくれるのです。
きっと一般の消費者は大喜びでしょうが。
僕にはねぇ。

でも、観ないわけにはいかないんですよ。
「この前やったやつどうだったよ。」
と嬉しそうに聞いてくるんです。
一応観てないとは言えず、
感想をレポートしなければならないわけです。
また、
「今度はこんなやつはないの?」
なんて要望活動をしなければなりません。
これが一般の論理のようですから。

だから、AV女優の名前も
10人は上げられないと怪しまれるとか、
友人がいつ我が家に遊びに来てもいいように
見えるところにAVは数本は置いておく。
そんなこと笑っちゃうようなことをしたり、
考えたりしながら生きているわけです。

このことは僕だけが特別なのでしょうか?
きっと同じ様な対処法をとった方も
実はいるのかもっとは
一人で思っています。

また最近新たな悩みが増えてきました。
それは、友人が一人一人と片付いていっている
という現実です。
僕も一人感傷に耽ることが多くなりました。
でも、
「職業柄、なかなか出会いはないしね」
と今のところは誤魔化しています。
この誤魔化しもいつまで続くのか。
悩みの一つです。

親もだんだん歳を取るし・・・。
悩みは増えるのでしょう。

こんなふうにして今を生きています。
カミングアウトされた方には
今回のブログは
実は不快な思いをさせてしまったのかもしれません。

僕も現実社会の中で
同性愛の方を何人も知っています。
その方たちの生き方はカッコいいと
思っています。
自分に嘘をつきたくないから。
そんな話も聞いています。

僕もそういう人間になりたい。
自分に嘘をついていきたくはない。
そう思っています。

でも、勇気は出ないわけです。
絞っても絞っても。
枯れた雑巾からは水はでません。
その水と言うべき勇気を
いずれ持てるようになればと
そう日々考えて生きています。

こんなカズです。
スポンサーサイト
07.17 (Mon) 00:00 [ 愚考 ] CM8. TB0. TOP▲
  
コメント
改めて初めまして
カズさん初めましてこんばんは、toyoです。
いきなり他人行儀ですみませぬ。
でもね、やっぱり「最初は肝心」だから。

カズさんの日々のカモフラ行動、僕もほぼ
全く同じことしてますよ。
現在進行形のものもあり、過去形のものもあり。

異性と付き合ったり、異性に興味があって当然のような
素振りを演じたり、AV女優の名前も周囲と話を
合わせる為に意識的に憶えたこともありました。

普通なら自然に頭に入ることなんだろうな~
意識して憶えようとしてる辺り、やっぱり皆と
ちょっと違うんだろうな~なんて考えながら。

周りに話を合わせなくちゃならない、
だから意識的に記憶する、この癖ってね、
上手く言えないけど、心に少し引っかかりますね。
たまに「何で俺ばっかこんな遠慮して生きていかなくちゃ
ならないんだよ!」みたいな小さな苛立ちが生まれたり。

尻切蜻蛉で終わってすみませぬ。纏まらないです。
---------- toyo [ 編集] URL . 07/17, 22:36 -----
こんばんは。
チャットで一度お会いしたことがありますが、初めまして。
ある女の子に片思いをしている、ゆいと申します。

カミングアウトって難しいですよね。
実は大学の友人3人に、去年カミングアウトしてみたんです。
そうしたら、実際に女の子と付き合ってる女友だちがいてとても驚いたことがあります・・・。
本当にクラスに数人いるって言う話って本当だなって思います。

でも、普通カミングアウトなんてできないですよね。
(↑私はそういう考えなのですみません)
やっぱりそう言うことに理解を持っていない人は多くて、
とっても話してて辛くなる時があります。
「自分、何も悪いことしてないのに、何でこんな風に言われなきゃいけないんだろう?」
って本当に思います。
マイノリティー側ってやっぱり酷い扱いを受けるのが現状なんですよね。

何を言いたいのか分からなくなってきたんですけど、
コメントしたくなって書いてしまいました。
---------- ゆい [ 編集] URL . 07/18, 01:54 -----

同じく以前チャットではお話したことがありますが、初めまして。木○蔵マジックに憧れているKJです。

カモフラージュは確かに面倒ですよね。自分は大学友人には高校の、高校友人には大学の部活の子をそれぞれ彼女と偽ってます。勿論未承認。ばれたらとんでもないことになりますが・・・。

過去何人かにカミングアウトしましたが、無理に言うものではないとしみじみ思いました。どんなに腹割って話せる相手でも、タイミングや伝え方はありますし。

カミングアウトが全てではないし、カミングアウトしてないと恥じるべきかと言うと、そうでもないです。確かに自分を欺くのは人のときよりも何倍も労力を使うし、精神的に参ります。けど、自分は自衛のつもりでカモフラージュしてますし、必要以上に人に話すことでもないと思ってます。きっと人から見たらそれほど大きな問題じゃない気がするし。だから信じられる人だと思う時だけ打ち明けます。

言わないのも自分にとっての勇気。都合が良いかもしれませんが、それも一つの結論であってもいいと思いますよ。

長々とすみません。またお邪魔しますね!
---------- KJ [ 編集] URL . 07/18, 03:54 -----
toyo様
toyo様。始めまして。コメントありがとうございます。
わざわざ私の愚考な文章をお読み頂き、
尚且つ、コメントまで頂きましたこと、
感激の極みでございます。
衷心より深く御礼申し上げます。
(やっぱり最初が肝心ですからね)(笑)

カモフラ行動、やっぱりやってますか。
少なからず何らかの行動を皆もしているのかな
とは思っていたんで、ちょっと安心しました。

AV女優さんも最近はまたいろいろと
世代交代が行われているようで、
新たな新人を記憶する毎日です(苦笑)

無意識でいいことを意識したり。
意識したいのに無意識を装ったり。
この気持ち何だかよく分かります。

でもそのお陰とでもいいますか、
カズは細かいところによく目がいく。
気遣いができる。
とお褒めの言葉を頂くこともあったりで。

出来る限りプラス思考の頭を持っていきたい
と思っています。
現実は違いますが。
---------- カズ [ 編集] URL . 07/18, 21:26 -----
ゆい様
ゆい様。始めまして(笑)
「ゆいさん」は「かわゆい」のゆいさんですよね(笑)
コメントありがとうございます。

そうですか。
カミングアウトされたことがあるんですね。
僕は、未だに勇気が出ず、
誰にも言えずじまいの毎日です。
はっきり言えば、根性無しです。はい。

でも、世間に公表したいとは、
思わないんですよね。
特定の人に分かってもらえれば、
嬉しいかなっと考えるくらいかもしれません。

極端な話ですが、
自分の性癖とかそんなこと
周りの人にいちいち言わないですよね。
言われた人も困ると思いますし(笑)
性癖とは違うような気もしなくはないのですが・・・。

でも、いつかは、
この人には。
この友人には。
この家族には。
僕を、僕自身を分かって欲しいとは思っています。

だから、ゆいさんに
ちょっと尊敬の眼差しをおくっています。
---------- カズ [ 編集] URL . 07/18, 21:28 -----
KJ様
KJ様。始めまして(笑)
「KJさん」は「刑事さん」のKJさんですよね(笑)
コメントありがとうございます。

僕はどちらかと言えば、
木○蔵師匠というより、楽○郎師匠よりですけどね。
腹黒いし。。。

カミングアウトすることが、
本当に良いことなのか。
それともしないほうが良いのか。
僕も正直悩んでいます。
というより怖くて出来ない
というのが、本音ですが。

自分に偽って生きる。
このことは、何か、
汚いこと。
最悪なこと。
卑怯なこと。
そう思って生きてきました。

でも、嘘をつく。
嘘をついている自分も、
何処かでそれは本当の自分ではないのか。
こんなことを考えたりもしています。
意味不明ですが。

KJさんの、大学と高校のご友人に
未承認の案件が判明しないよう
お祈り申し上げます(笑)
---------- カズ [ 編集] URL . 07/18, 21:28 -----
コメント爆発やね
ここでコメ爆発やねっ

俺は今月末に同僚にカミングアウト決行予定
むやみやたらにはできないし するものでもない
皆 事情があり 立場があんねやから

心苦しいのも 理解できる
ここで 記事書いてるのだって
ka~zu~は よくやってると思うyo

書けないのだって いっぱい 居んだから
なっ! だろっ?

言うのは勝手で 受け手の問題もあるよなぁ
不快な気持ちをさせてしまい 交友関係切れる可能性あるしなぁ

俺はカミングアウトはこれまで片手くらいかな
経験してる 男へのカミングアウトは驚くことに
2連続 逆カミのおまけ付き 今でも大親友
女性のほうが言いやすいかなぁ

因みに伝えた相手は 全員失う事無く 絆は深まった
有難い話だよなぁ 大切にせなあかんね

けど やっぱ 親には言えんなっ
孫の顔を見ることは諦めてください の引導は渡せん


波乗りやスキーと同じで
出来る奴 したい奴がすればえぇねん

したくなったら 自ずとするやろ
せやから ka~zu~も 重く考える必要ないで

したい奴がすればいい
したくなった時すればいい
出来ない時に 無理にする必要はないさぁ

最近の俺のお気に入りの言葉

なんくるないさぁ






~NEWS~
来週 放送される 「アイチテル」という番組で
31歳のGAY(♂×♂)が 親友を好きでカミングアウト+告白をするところがON-AIRされるから 見てみるといい
これは とても興味深い
昨夜放送されたのは前置きで
来週がいよいよ 決行

G@TEN
 
 
---------- G@TEN [ 編集] URL . 10/26, 06:43 -----
G@TEN樣。
G@TEN樣。コメントありがとうございます。

そうですか。G@TENさんはカミングアウトされたことがあるのですね。
自分に正直に生きておられる
G@TENさんにちょっと羨望の眼差しを送っています。

僕自身は
やっぱり今のところも
この事実を誰にもいうことはしないと思います。
やっぱり怖いのです。
怖くて怖くてたまらないのです。

きっと理解してくれる人もたくさんいる。
そうも思ってはいますが、
やはり勇気が出ないんです。

でも、無理をしてまで言うことが
解決になるとも思いません。

>したくなったら 自ずとするやろ
本当にそう思います。
だからまだ僕はその段階にいないということでしょう。
でも、これはこれでいいのかな。
っとも思っています。

けれど、どうしても
後ろめたさという感情からは
逃げ切れないようでもあります。

逃げても逃げても追ってくるんです・・・。
振り払っても振り払っても追ってくるんです・・・。

必死に逃げる日々を
僕は今過ごしているのでしょう。


---------- カズ [ 編集] URL . 10/26, 22:44 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/6-04b65d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。