上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

春の歌・・・。

春の歌と言われて
何があるかを考えてみた・・・。

「さくら」や「卒業」が浮かんでは来た。

けれど
どうも思い入れがないような
そんな気もする。

では歌は歌でも短歌等はどうか・・・。

僕の少ない頭では
これも浮かんでは来ない。
どうしたものか・・・。

春から連想していくと
「春風」
この言葉が頭を過ぎった。

僕の好きな言葉に
「春風」を使った言葉がある。

佐藤一斎が残した
言志四録(げんししろく)という書物の中で
以下のような言葉がある。

『春風を以って人に接し、秋霜を以って自ら粛む』

春の風の暖かさ、やさしさをもって
人には接するべきである。
秋の霜のような厳しさをもって
自分を戒める。

今の僕に必要な言葉だと思う。
時に人は傲慢になり
自分を見失う。
そして自分を正当化するために
他人に批判の目を向ける。

自分を見失わず
人に対して優しくある自分。
目指すべきものには
程遠いが
大事にしたい。
そう思う。

かなり、お題とかけ離れたようであるが
まあいいかぁw

こんなカズです。




スポンサーサイト
03.25 (Sun) 00:00 [ 閑談 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/203-c1238ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。