上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

雪の思い出・・・。

子供時代の僕は
雪がある風景が嬉しくてしょうがなかった。

家族で
スキーに行くこともあった。

母親は
寒いところが苦手と言いながら
いつも一緒に付いて来てくれた。

もっぱら
スキーをするのは
子供達と父親だった。
母親はただその様子を見ていることが多かった・・・。

「一緒に滑ろうよ」
っと言っても
母親はなかなか滑ろうとしなかった。

「意地悪」
なんて言ってしまうこともあった。

でも僕が滑っている時に
転んでしまうと
母親がいつも手を貸してくれた。

僕の傍には
いつも母親がいたような気がする。

母親は
スキーが出来ないとそう思っていた。
でも違った。
父親よりも実は上手かったww

きっと母親は
父親を立てていたのだと思う。
そして下手くそな僕を
心配してくれていたんだと思う。
今になれば
そういう優しさにも気づく。

優しさは
人に見せるものではない。
自然に・・・。
そして自然に・・・。
そういうものであるということを
知った気がする。

雪の思い出のはずが
どうしてこんなことを
綴っているのだろうか・・・。

まあいいかw
これもひとつの雪の思い出・・・。

こんなカズです。



スポンサーサイト
02.25 (Sun) 00:00 [ 閑談 ] CM8. TB0. TOP▲
  
コメント
素敵なお母さんですね
母親って 偉大ですよね!
父親より 想いが でかいっす!
まぁ あの人から 生まれてますもんね(笑)
年老いていく 親をみると 切ないです…
---------- たく☆ [ 編集] URL . 02/25, 20:57 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集] . 02/25, 22:10 -----

こういう気づかい、
そういう優しさを、
周りにふりまきたいのだけど、
なかなか大げさな私なのでした・・・。
---------- バシ [ 編集] URL . 02/25, 23:25 -----
こんばんわ♪
素敵な思い出ですね^^
読ませて頂いて、私まで心が温かくなりました。
冷たい雪を思い出す時、温かい母の想いを心に感じる
っていいですね^^
その優しさに気付けたのもカズさんだからかもしれませんね。
血の繋がりって偉大ですw
---------- ゆずる [ 編集] URL . 02/25, 23:55 -----
たく☆樣。
たく☆樣。はじめましてw
コメントありがとうございます。

確かにそうですね。
母親は本当に偉大だと思います。

時折本当にあの人から僕は生まれてきたのかと
不思議に思ったりもしますが、
生まれてきたんでしょうねw

確かに僕の母親も
だいぶ年をとってきたように思います。
何だか本当に切ないですね・・・。
---------- カズ [ 編集] URL . 02/27, 23:27 -----
匿名樣。
匿名樣。
コメントありがとうございます。

誰かが傍にいてくれる感覚・・・。
僕自身も正直分からなくもなります。
匿名さんとは
次元が違うのでしょうが、
僕はその傍にいる感覚を
気づくことが出来ずにいたのだろうと思います。

自らの人生において関わる人間。
また関わらない人間・・・。
本当に様々関係があり
様々な人がいます。
これもひとつの人生。
また運命なのかもしれない。
そう思ったりもします。

人間はどうしてでしょうか。
楽しい思い出よりも
辛い苦い思い出の方が
鮮明に残ったり・・・。

匿名さんにとっての
辛い苦い思い出は
いつしか癒される時がくるのでしょうか。

きっと来てくれるのではないか。
僕はそう願ってしまいます。

---------- カズ [ 編集] URL . 02/27, 23:27 -----
バシ樣。
バシ樣。
コメントありがとうございます。

本当に自然に優しさを振りまける
そんな人には憬れをおぼえます。

人に気づかれないようにするのが
本当の優しさだ・・・。

僕自身も
程遠い気がしています。

まずは自分自身が
優しさを人に与えられる
与えても大丈夫なくらいの
優しい強い人間に
ならなくてはいけない。
そう思っています。
---------- カズ [ 編集] URL . 02/27, 23:28 -----
ゆずる樣。
ゆずる樣。
コメントありがとうございます。

ユキというテーマのもと
何を書こうか。
どんな思い出があっただろうか・・・。
そう考えていくうちに
不思議と出てきた
そんな思い出です。

正直今まで意識していなかった思い出です。
だからこそ
この自然に振舞えた母親の優しさに
今感謝している自分がいます。

やはり日頃は文句ばかり言っていても
僕は母親の子であるのだなと
そう思います。
そして母親は僕の親であるのだなと・・・。
---------- カズ [ 編集] URL . 02/27, 23:28 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/187-455b466f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。