上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

嫉妬するほど恥ずかしいことはない。

貴方の笑顔は、
確かに皆を笑顔にする。
それを見る僕も確かに笑顔になる。

しかし、
どうしてだろうか。

貴方が他の誰かと
楽しそうに話をする。
笑顔でいることが
嬉しい反面
嫉妬とでも言うべきだろうか。

少し胸が痛くなる
そんな感情が確かにある。

貴方は僕のものでも
なんでもない。
貴方は貴方。

それでいい。
それは分かっている。

嫉妬するほど
恥ずかしいものはない。

こんなカズです。
スポンサーサイト
02.17 (Sat) 00:00 [ 閑談 ] CM6. TB0. TOP▲
  
コメント

アタシも嫉妬する(している)自分は大嫌いです。
見苦しい。
哀れだ。
そんな風に感じて自分を卑下してしまう。

だけど、ほんの最近、
嫉妬は愛の表れ
だとも思うようになりました。
恋愛に於いては
エッセンス
だとも思うようになりました。



その方をとてもとてもとても好きなのね、カズさん。
---------- てん [ 編集] URL . 02/17, 19:36 -----

当事者としては「恥ずかしい」って気持ち、
正直な気持ちだと思います。
自分もそう感じるし。
自己嫌悪になるっていうか。

でもね、やっぱり、
どうしようもない恋心ですよね。
---------- バシ [ 編集] URL . 02/17, 23:18 -----
嫉妬
嫉妬のチカラは凄いものがあります

時々 自分が 怖くなります

燃やすエネルギーは

何かに有効活用できないものでしょうか


最近は 嫉妬に縁遠い 俺です。


G@TEN
---------- G@TEN [ 編集] URL . 02/18, 05:20 -----
てん樣。
てん樣。
コメントありがとうございます。

嫉妬している自分は
本当に自分自身ではないようで
やはり自分自身なんですよね。

嫉妬は愛の表れ・・・。
確かにそうだろうと思います。
好きでもない人
興味も抱かない人に対しては
言い方が悪いのですが
嫉妬することも確かにないんですよね。

恋愛の中の
エッセンス・・・。
非常に心に響いた言葉です。

僕は本当に
惹かれているのだろうと
そう改めて確信しました。
---------- カズ [ 編集] URL . 02/20, 01:23 -----
バシ樣。
バシ樣。
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
意識しないようにするということは
意識しているという証明に
なってしまうのですよね。

自分がこんな人間だったとは
思いもしなかったわけでもないんですよね。

再確認してしまった・・・。
そういうことなのだろうと
思います。

好きという感情は
きっと自分の中の
また違う感情の一部のような
気がしています。

だから
どうしても言うことをきかない・・・。
あー。どうしてだろうか・・・。
---------- カズ [ 編集] URL . 02/20, 01:23 -----
G@TEN樣。
G@TEN樣。
コメントありがとうございます。

嫉妬をしている自分が
相手をどうにかしてやろう・・・。
そこまでの意識には至っていないことが
まだ自分の中での
救いの面かもしれません。

本当にこの想いを
また別の方向で利用できれば
いいのだろうと僕も思います。

でも
そうなかなか上手くいかないから
腹立たしかったり
情けなかったり
してしまうのでしょうね。

僕も嫉妬とは縁遠いと
思ってはいたのですが・・・。
そうしたものでしょうか・・・。
---------- カズ [ 編集] URL . 02/20, 01:24 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/181-8b7eb9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。