上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

今まで本当に自分自身の愚考を綴ってきました。
正直、考えることも疲れるという感情も出てきています。

でも一度くらいはしっかりと
自分自身を見つめなおし、
考えることも必要だと思い、
こうして綴ってきました。


同性愛者を取り巻く環境は
今後どのように変わり、
そして変わらないのか。

正直見当もつきませんが、
きっと少しは住みやすい社会に
なってくれることを期待したいと思います。

同性愛者のことを綴ってきたのですが、
同性愛者の権利云々だけで無く、
人間が人間として生きれる。
そんな社会が訪れることを願うばかりです。

しかし、その反面、
自分自身がそういう社会にするために
何かしようとという気持ちはあるのですが、
いざ行動しようとすると・・・。
逃げてしまう自分がいるわけです。
もうしばらく、自分自身が奮い立つまでは
時間が掛かると思いますし。
もしかしたら行動しないという結論も出るかもしれません。


同姓同士の結婚を法制化しようという運動が
ここ日本でも年々増えてきているそうです。
スペインでは、国家としてこの法制化を行っています。
ある大臣も自分が同性愛者だと公表し、結婚したといいます。
日本でもある議員は自ら同性愛者だと公表し、
その権利を求めるために活動しているといいます。

本当に強い人間だとそう思っています。

僕は、この同性愛者同士の結婚の法制化には
正直反対でした。
それは新たな差別なり、偏見を生むと考えていたからです。
しかし、最近その考えも変わりました。

結婚する、しないは当事者同士の問題であり、
権利として、選択肢としてあるということは
いいことなのではないか。
そう思ったからです。
一般の結婚は認められています。
するしないはその個人の問題です。
だからこの選択肢を同性愛者も持てるようになれば、そう思いました。
僕自身は、正直同性同士で結婚したいとは思いませんが、
選択肢を提示し、その後は、
各個人個人が考えるというのが
本来のあるべき姿であろうと思えるようになったからです。

結婚は一形上のことだと思っていましたが、
いろいろな人の意見を聞けば、
財産相続等いろいろなもので一般の人よりも
権利が無いことも知りました。

でも僕が思うことは、
同性愛者の権利云々よりも
一人の人間として生活するという
当たり前の社会があり、
その上に各個人が存在するというのが、
国家なりのあるべき姿であろうと思うようになりました。

きっと身も蓋も無い話ですが、
同性婚を認めてからといって、
差別や偏見がなくなるとは思いません。
歴史がある意味において
語っていると思います。
きっと既存の差別が無くなれば、
また新たな差別が出てくる。
そういうイタチごっこ的なものはあろうかと思います。
それが人間社会だとも思えなくは無いのです。

でも、ここ数日こうして綴って来た中で、
少し自分自身も変わってきたと思います。

今ある現実を同性愛に限らず、
一度受け入れてみるということです。
いつもぐずぐず言っている自分は
カッコ悪い。そう思ったのです。
受け入れた上で嫌だったら出せばいいということです。
こう言いながらも今後もぐずぐず言いそうですが(笑)
そこはどうかご勘弁ください(笑)

答えが無いことも答えである。
自分は自分である。何者でもない。
そう少しだけ思えた自分が今います。
奇麗事を並べただけにすぎないのかもしれません。
でもこの奇麗事を言えなくなるのも
寂しいことなのかもしれないと
思っている自分がいます。
だから、今後も何処かで
奇麗事を言い続ける自分がいると思います。

こんなカズです。
スポンサーサイト
07.24 (Mon) 00:00 [ 愚考 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント
結婚
結婚というシステムそのものが
産めや増やせやみたいな
国家繁栄の為の施策で
俺らは幻想を与えられとるなら
茶番やな

絶対にしたるもんか!

どこぞの国みたいに 家族=国家
みたいな風には
俺だけは ならんとこ

聖書にもあるやん
隣人を愛せよ って

家族、血族のくくりが
どんだけ戦争を起こしてるんや

隣人を愛しなさい

だろ!?


G@TEN
---------- G@TEN [ 編集] URL . 02/07, 10:37 -----
G@TEN樣。
G@TEN樣。
コメントありがとうございます。

結婚というものは
ひとつの制度にすぎないと僕も思っています。

僕自身結婚というものをした経験がないのですが
制度云々があるから
結婚するという結論に行き着くということだけは
避けたいと思っています。

結婚というよりも
君になりたい。
君とひとつになりたい。
そう思いたい。
そう思っています。

愛するというカタチを表す手段が
もしかすると今現在
結婚という手段しかないのかとも
思ってしまします。

でも僕はまず
感情を大事にしたい。
奇麗事かもしれませんが
そう思っています。

---------- カズ [ 編集] URL . 02/08, 01:15 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/17-66ede190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。