上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オカズです。

喫茶店での、めくるめく大人の情事を
今日も綴っていきます。

「じゃあ、こちらにお願い出来ますか?」
と後ろからイケメン店員の声がした。
「すみません。」
っと男二人連れのお客様が僕の前の席に案内された・・・。


こんなことがあっていいのだろうか・・・。
その二人連れの男性客。誰だと思います?
そう、そうなんです。


あのイケメン医師とその同僚医師。

キ、キター!!!!

神様。仏様。お地蔵様。
「オラに元気を分けてくれ」
ならぬ
「オラに元気を分けてくれたんですね」

「あっ。オカズさんじゃないですか。」
「あ、先生。先ほどはありがとうございました。」
(イケメン医師。オカズの名前を覚えててくれたんですね。それだけでも十分ですよ)

「二人は知り合いだっんですか?」
と同僚医師。
「さっき患者さんとして病院で診察したんだよ」
と笑顔のイケメン医師。
「そうなんですよ」
とこれまた笑顔のオカズ。

ちょっと待てよ・・・。
同僚医師もイケメンじゃないですか?
マジで。こんなことが許されるんですか?

早速例えのコーナー。
このイケメン同僚医師。
芸能人でいうと、うん。誰かな?
ちょっとというかかなり若くした宅○伸?。
うーん。誰だろ?

ということで僕の前にイケメン医師。
斜め前にイケメン同僚医師。
そして水を持って注文を聞きに来たイケメン店員。

オカズはイケメン3人の
トライアングルに囲まれることになる。
幸せの絶頂だろうか。

どんな話をしたのか。
正直舞い上がって憶えていない。
途中緊張で水をこぼした・・・。
なんて初心なオカズ。
そんな少年のような感情も持っていたんだと
自己発見・・・。

でも、仕入れた情報は
今後の薔薇色の人生に繋がるかも・・・。

イケメン医師とそのイケメン同僚医師。
よく昼食でこの喫茶店を利用するとのこと。
オカズはその時ストーカーになろうと決意した(笑)
っていうか、たまにはここで昼食を取って
目の保養を・・・。

ウソのような本当の話なんですよ。これが。
悪いことの後には、
いいことが待っているとは言ったもんです。

僕の頭の中には銭○警部が出てきました。

「こら待て~~!イケメンども。」

「あの方達は何も盗んでいませんよ。」

「いいや、あなたの心を盗んでいきました。」

「はい。」

有名なルパ○作品。カリオスト○の城の名シーン。

こんなオカズです。

スポンサーサイト
07.29 (Sat) 00:00 [ 日記 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント
ほのぼの
医師はこれまでに 三人ほどと短いお付き合いをしましたが

精神科医の方 あなた自身が苦しんでましたね
あなたを診てくれる医師は 見つかりましたか?

今でも あの時のことを時々思い出して
胸を キュンキュン言わせてる俺です。

G@TEN
---------- G@TEN [ 編集] URL . 02/07, 10:58 -----
G@TEN樣。
G@TEN樣。
コメントありがとうございます。

おお!3人ですか・・・。
さすが兄貴ですw
僕は足元にも及びません。

胸がキュンとしてくる淡い思い出。
本当にいいですよね。
全てがそんな淡い思い出に
変わることができれば
人生も悪くはないのかもしれませんね。
---------- カズ [ 編集] URL . 02/08, 01:18 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/16-6253b254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。