上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

目の前の子供が大きなクツを履いて、笑っていた。

大きな大きなお父さんのクツを
小さな小さな子供が履いて
楽しそうに笑っていた。

そういえば、
僕にもそんなことがあったな。

お父さんが履く革靴は
とても大きくて
そしてカッコイイ。

小さい僕は
面白半分でそのクツを履いて
まるで大人になったように
嬉しくて
嬉しくて
近所を胸を張って歩いていた。

いつの頃から
僕はそんな
繊細な思いをなくしたのだろうか。
何処に置き忘れてきたのだろうか。

子供の頃の
純情さがほのかに懐かしい。

見えなくていいのもまで
見えるようになったのは
いつのことだろうか。

あの頃の自分を
今の自分で見てみたい。

こんなカズです。

スポンサーサイト
11.15 (Wed) 00:00 [ 閑談 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/113-e40cc99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。