上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カズです。

振りをすることに疲れている。

何故だろうか。
「振り」をすることを憶えてから
どれくらいの月日が流れただろうか。

人と会ったら
楽しそうな顔をしなければならないのではないか。
相手が話を振ってきたら
興味があるような振りをしなければならないのではないか。
悲しいときは
悲しい振りをする。
怒っているときは
一緒になって怒ってあげる。

社会生活を行っていく上で
相手にあわせるということは
この上なく重要な場合も多い。

その反面、
本当の自分は違うのに・・・。
そう罪悪感に苛まれる。

また僕の場合は、
心の「振り」もそうであるが、

女性に興味がある。
女性が好きな「振り」をする。

本当の僕には、悲しいのか
その感覚が無い。


心の葛藤。
行動の葛藤。

実際の自分をつくりだす、
その根の部分はまったく逆なのにである・・・。

本来自分に無いものを
「振り」という虚像を持ってつくりだす。
それは疲れるに決まっている。

実際は
「振り」をする必要なんてないのかもしれない。
そうすることが必要だと思っているのは、
当人の自分だけなのかもしれない。

考えてみる。
「振り」をする自分・・・。
正直に生きる自分・・・。

実際はどっちが素晴らしいのか。
どっちが疲れないのだろうか。

どっちが正直な自分か。
この問いの答えは容易に出てくる。

しかし、実際の正解は
容易には出てこないのである。

そう悩みながら
今日も僕は「振り」をして生きていく。

こんなカズです。
スポンサーサイト
11.10 (Fri) 00:00 [ 愚考 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集] . 11/12, 04:42 -----
匿名樣。
匿名樣。お久しぶりです。
勿論憶えていますよ。
コメントありがとうございます。

僕自身も
正直に、素直に全てを曝け出すことが
良いことだとは思いません。

曝け出す。
この表現がまずいのかもしれません。
自分に素直に生きる。
この表現の方がしっくりくるのかもしれません。

確かに
言いたいことは山ほどあるものです。
でも、それをそのまま口に出すことは、
語弊も生みますし、
それ以上に相手を傷つける可能性も高くなります。

振りは、自己防衛という側面と
相手を思いやるそんなプラス的要素も含んでいるとも
思っています。

カミングアウトの話をするならば、
僕自身も
全ての人に
自分の性的思考を表現する必要はないと思っています。

しかし・・・。
言っておかなければいけない人もいる。

そう思って
罪悪感に浸ることもあるのも
また事実です。

誰かとの秘密を守るような
そんな頑なな思いで毎日を過ごしているようでもあり、
その秘密が
僕自身を苦しめているような気もしているのです。

カミングアウトをするしないは
各個人個人が決めることであることは
言うまでもありません。

だから僕も
現実社会の中で
今のところ
誰にも言うつもりもありません。

嘘をついて
それが言えずに罪悪感に押しつぶされそうになる。
ずっと我慢していく・・・。
そんな感情に似ているようにも思えて
時々自分自身が嫌になることも
正直ありはしますが、
今のところ
誰にも言わないと思います。

勿論カミングアウトをされた方に
憬れを持つこともありはします。
それは、自分に正直に生きれること。
また自分を素直に表現できたことへの
憬れであるように思います。
自己解放への憬れとでもいうのでしょうか。

僕の方こそ
纏まりのない文章ですみません。

コメントありがとうございました。
また匿名さんの声を聞かせてください。
待っています。
ありがとうございました。
---------- カズ [ 編集] URL . 11/12, 22:11 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/108-5aeb9181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。