上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめまして。カズです。

まさか、自分がこういうものを書くとは思ってもみなかった。
未だに、こうして書き始めていることにも、疑問は続いている。

書き出し。初回というのは、いったいどんなものを書けばいいのだろう。
ずっと悩んだ結果、
自分自身が、何故こういったことを始めるようになったのか。
という過程を、理由を説明しなければならないと思う。

今から3ヶ月程前、たまたまネット上で散歩をしている時、
ある偶然というべきか。必然というべきか。
一人の人のブログにたどり着いた。
幼馴染の人に思いを寄せる。そんなブログだった。
普通であれば、正直気にもとめないだろう。
でも他とは違う。
違うというのは失礼な話だが、僕にはそう思えた。
恋をしている男の人。
そして想いを寄せる相手も男の人。
所謂同性愛だった。

僕自身も、今まで何人かの女性と付き合って来たが、
本気で恋に落ちることはなかった。
恋をすることに罪悪感があった。
恋をすることを恐れていた。
もちろん今もこの感情は残っている。

性的嗜好は男性の人。
ずっとこの悩みを誰にも言えずに生きてきた。
そして現実社会で今も生きている。

はじめは、正直なところを言えば、面白半分、興味半分でそのブログを読んでいた。
しかし、
彼のブログを読んでいくと
涙が止まらなくなる。
安心できる。
優しい気持ちになる。
そんな気持ちになった。彼に魅せられた自分がいた。

ぽっかり空いた僕の心に風を通してくれた。
同じ様な気持ちの人間がここにもいたのか。
いや、現実にいた。
そう勇気づけられた。
自然と涙が溢れる。そんな言霊が現実にあった。
それからは彼のブログを読むことが日課となっている。

そして、あるブログが綴られた時、僕は初めてコメントを寄せることになる。
その時の感情は、今も鮮明に覚えているが、
うまく説明できない。
そんな想いにかられた。
そして、コメントを通し、彼と話をするようになった。
彼は、ブログでも、コメントでも、真っ直ぐに自分の想いを綴っている。
一人一人に対し、真っ直ぐな気持ちで返信を行っている。
その態度に魅せられている。
一人の人間として尊敬できる。
そんな一人の人と巡り逢えたと思っている。

正直、彼よりも僕が年齢的には上になる。
でも、人間として尊敬できる人物には年齢という障害は関係ない。
そう思えた。
障害という言葉も意味を持たない。

僕自身も、いつかはこのようにネット上でもいい。
自分の想いを誰かに伝えたい訳じゃないけれど。
その一方で、分かって欲しいという気持ちもある。
結局のところどうしたいのだろうか。

自分の気持ちを吐き出せればいい。
そう思うようになっていた。
吐き出すという言葉はあまり奇麗ではない。
しかし、あえて吐き出すという言葉を使う。

正直今日ここに至るまで悩んだ。悩み続けた。
彼に以前このような考えを伝えてみた。
焦る必要は無い。誰にも迷惑をかけていないのだから。
そういってくれた。
そして何かが吹っ切れたというか。
今ここでこうしている。

そして、傲慢なのかもしれないが、
僕が勇気づけられたように、彼を勇気づけたいし、
僕の閑談を通してでも、誰か一人でも勇気づけられれば、
そう思った。

それがここに至った過程。理由である。

「カズとオカズの性事と政治。」
なんとセンスのないタイトルであろうか。
自分のボキャブラリーの無さに苦笑いが滲む。

「性事」
自分の性のこと。所謂同性愛。
「政治」
自分が今就いている職業。政治家秘書。

一見せずとも相反するこの二つの事象が今の自分である。
本来は、性のこと。一本で綴ってみたい。
そうも考えてはみたが、
正直ネタが続きそうにない。(苦笑)
早くも逃げ腰。
だから、もう一人の自分とでも言うべきか。
政治家秘書という自分も出そうと決めた。

批判は甘んじて受け入れる覚悟は出来ている。
人の批判を苦言として己の中に受け入れたとき、人間は成長できる。
そう信じている。

もう一つ補足をするならば、
現代の子供達がなりたくない職業第一位が、
政治家だそうだ。

正直分かる。よく分かる。
でも複雑。
だから、僕の言葉を信じる必要は無いが
政治というものも考えていただけたなら、幸いである。
これは僕の勝手な想い。

僕は文章を書くのが苦手だ。
書き出すと纏りも無くなるし、
訳の分からない文章を綴ってしまう。
でも、下書きはしないようにしたい。
そのとき思った感情のままで綴れたらと思うから。
けど、少し読み返して手直しはしてしまった。
初回から嘘つき。

こんなカズです。
スポンサーサイト
07.12 (Wed) 00:00 [ 閑談 ] CM10. TB0. TOP▲
  
コメント
嘘つきなんて思ってないさ
修正は 変化だし進化だよ
そんな卑下するなっ
ka~zu~

何か同じニオイがする
ごめんな勝手に

ka~zu~がそう思ったように
これ見て心動く人間現れるかもじゃんか
現れてるかもだし

最初から ジックリ読ませてもらうne

ka~zu~
---------- G@TEN [ 編集] URL . 10/26, 05:33 -----
G@TEN樣。
G@TEN樣。コメントありがとうございます。

最初に僕はこんな青臭いことを書いていたのかww
なんて思いながら
このコメントを書いています。

人の心を動かすことは
本当に大変です。
そして少し傲慢だったかもしれないな。
そんな思いも持っています。

修正は変化ですかね。
そう言ってもらえると正直嬉しいのですが、
僕の場合、逃げのような感情もあるんですよね。

そうそう、同じニオイがしますかww
加齢臭じゃないですよねww
って嘘です。

同じ様に悩み、
また逆に楽しんで生きている人を
このブログ上や
現実社会で見てきました。
自分だけじゃないんだ。
おかしいことではないんだ。
そんな感情を見つけた気がしています。
---------- カズ [ 編集] URL . 10/26, 22:11 -----

こんばんわ。
僕もようやく最初から読ませていただきます汗
今までコメントいっぱい貰ってたのにね(殴

カズさんがこんなに悩んで悩んでブログ始めたんだって思うとなんか僕も似てるなって思った。
誰にも相談できなくてサイト開いたから。
僕の中のらいおんが悲鳴をあげていた。

カズさん凄いよ。
僕の初回とか最悪的に短かったもん。

これから遡らせてもらいますね~。
---------- のら [ 編集] URL . 11/17, 18:32 -----
のら樣。
のら樣。
コメントありがとうございます。

読むとかコメントとか
特に気にしないで下さいね。
僕がただ好きでやっていることなんですから・・・。

僕がブログをはじめて
もうどれぐらいの月日が流れたかなっと思ったら
まだまだ4ヶ月ほどなんですね。
もうかなり前のことのようですが・・・。

本当にブログをはじめる前は
悩みに悩みました。
また現在も違った意味での
悩みを抱えながら
時折、記事を綴っています。

のらさんは
誰にも相談せずにブログをはじめられたんですね。
すっげーwっと思いますw
僕にはその勇気はなかったかな。なんて・・・。

僕が思うブログは
長い、短いではないと思っています。
その人の気持ちなり
正直な思いなり
また伝えたいことなりが
その当人にとって表現できるもの
そして表現できないものを
表現できないという表現があるものであればいいと思っています。
何文字以上何文字以内という試験じゃないのですから・・・。

またお邪魔させてください。
---------- カズ [ 編集] URL . 11/17, 23:30 -----
かーくん?
かーくんですよね・・?ね?
G@TENさんものらちゃんも居るね~。
うれしいな・:*:.。.:*(´∀`*)*:.。.:*:・

そう。
人間として尊敬し合うのに性別や年齢は関係ないね。
私も大大大好きな人とは心で繋がってるから、
性別も意識しないし、年齢差も感じない。

仕事はどんなのでも大変だけど、
かーくんの仕事、大変なお仕事だね。

手直しした・・って白状してるんだから嘘つきじゃないやん(・∀・)ニャハッ♪

私もこれから遡らせてもらいますね~。

G@TENさんちでは、ありがとうございました。
---------- 風太 [ 編集] URL . 11/20, 03:11 -----
どもです!
ど、どもです(ちょっと緊張)。
G@TENさんとこでご挨拶させていただいた花です。

俺からした、とっても
ストレートな文章に、
素直な気持ちが乗っかってて、
文章書くの苦手だなんて思えませんw

それで、本当、いろんな職業の人が
いるんだなぁと。
そして、ブログというものを通して
こうやって「カズ」さんという
人間を垣間見ることができるって
すごいって、単純に思ってしまいます。

それで、そこに勇気以上に何かを
少しだけ分けてもらえたような気になっちゃいました…笑

また、ぜひ拝見しにきます!
---------- [ 編集] URL . 11/20, 12:22 -----
風太樣。
風太樣。はじめまして(笑)
コメントありがとうございます。

「かーくん」っと呼ばれると
本当に照れてしまいます・・・。
まるで、母親に呼ばれているようです(爆)

風太さんの言われる通り
尊敬の対象には、
性別や年齢、学歴や外見・・・。
こういったものは本当に何も意味を持ちませんね。

特に年齢は、年上だから
年下だから・・・。
こんな篩をかけることは
自分にとっても好ましくないことのように思っています。
その人の生き方や思い。
ありふれた言葉ですが、
そういうが尊敬の対象に値すると思っています。

仕事は、本当に
この仕事だけが特別だとは思っていませんよ。
それこそ、学生さんのバイトも
立派で、大変な仕事だと思っています。

本当は手直しはしたくないのです。
その時の気持ちを
考えた直球の思いを
綴りたいと思っていますから・・・。

こちらこそありがとうございました。
---------- カズ [ 編集] URL . 11/20, 23:59 -----
花樣。
花樣。はじめまして(笑)
コメントありがとうございます。

深呼吸して
リラックスしてくださいw

でも、本当にコメントを寄せるということは
緊張しますよね。
僕自身もそうですから。
だからこそ、コメントをいただける立場としては
より嬉しいのですけれど・・・。

書き出しはこんなことを書いていたのかっと
正直恥ずかしい限りですが・・・。
今思ってみても、
溜まったものを一気に吐き出した
そんなスタートだったのかもしれません。
けれど、本当に文章を綴ることは苦手なんです。

確かにブログの世界には
たくさんの職業の方がいらっしゃいますね。
そうした、自分の知らない世界なり
価値観を知ることは、大きな魅力ですよね。
そして最終的というのでしょうか。
その人本人自身を理解出来れば
気持ちを通わせることが出来れば
嬉しいことだと思っています。

何かを感じ取ってもらえて光栄です。
今後とも宜しくお願い致します。
---------- カズ [ 編集] URL . 11/20, 23:59 -----
初めましてv
以前からちょくちょく覗かせてもらってました。
あー優しすぎるってカズさん!!って印象です。

真っ直ぐなキモチとコトバ。
すっげー惹かれます。ココロ動かされてますよ!!

勝手にリンクっていいっすか?
---------- style [ 編集] URL . 01/29, 01:34 -----
style樣。
style樣。はじめまして。
コメントありがとうございます。

優しすぎるってことはないと思いますよw
現実は割とクールではありますからねww

真っ直ぐなキモチとコトバ・・・。
自分で言うのも何ですが、
そう綴って行きたいとは思っています。

起きた事象や
思ったこと
感じたことを
一度自分自身の中に入れて
纏めて、取捨選択して
残ったコトバなり、キモチなりだけを
綴りたい。
そういうキモチは確かにあります。

だから読まれている方は
なかなか分かりにくいことがあるのかもしれませんが
今の所は、
このまま行きたいとは思っています。
いつ変わるかは分かりませんがw

いきなり初回でリンクって言われたことには
正直初めてのことなので戸惑っていますがww
こういう愚考を今まで読んでいて頂いていたので
喜んでお願いしますww
そう言いたいと思います。
しかし、繋がりは一方通行では
意味が無いというと語弊がありますが、
寂しく感じますので
僕の方からもお願いしたいと思います。

一度styleさんのブログにも
きちんと訪れてから
僕の方からはリンクさせていただきたいと
思っています。

こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。
---------- カズ [ 編集] URL . 01/29, 02:19 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kazokaz.blog60.fc2.com/tb.php/1-f4d5e468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。